賃貸経営の実用的な知識

間取り

投資のテクニック

不動産投資を行うときには、評価額が上昇したタイミングで保有するマンションを売却するのが、高収益実現への近道です。したがって投資対象を絞り込むプロセスでは、将来的な売却も視野に入れて、ハイグレードな大都市の一棟売り物件に注目するべきです。低価格な一棟売りマンションが豊富なサイトを利用する人もいますが、価値がある物件を探す場合に便利なのは、大都市の仲介業者が提供する未公開情報です。売り主の事情で詳細な情報が公開できない物件は、運用利回りが10パーセント前後の場合も多いので、購入することで安定した家賃収入が得られるでしょう。しかし大都市よりも高い利回りが得られる地方の一棟売りマンションは、自己資金が少なめの個人にとっては、魅力的な投資対象であるのも事実です。地方で一棟売りマンションを購入する場合には、県庁所在地の中心部にある、流動性の高い物件を選ぶべきでしょう。流動性に優れた不動産はスムーズに売却することができるので、企業経営などで資金が必要になった場合でも、現金化することは容易です。更に大型のマンションを一棟だけ保有する個人投資家も多いですが、小規模な物件を複数所有するのが、賃貸経営の安定性を高めるためのポイントです。複数のマンションに投資すると、比較的に柔軟に保有物件の売却ができるので、時代のニーズに合った賃貸経営が行えるでしょう。20年以上の長期保有を考えているオーナーもいますが、こまめに古くなった物件を売却するのが、ポートフォリオの質を高めるコツです。

Copyright© 2018 テキサスでの不動産探し【多くの人が住みたがるような場所を選ぶ】 All Rights Reserved.